メディモトップ 千葉県 佐倉市 ユーカリが丘 大木眼科 診療内容

眼科一般

現代人の生活において、眼には大きな負担がかかっています。少しでも違和感を感じたら、早めにご相談されることをお勧めします。当院では最新の検査機器、治療機器を準備してお待ちしております。

一般眼科診療

白内障、緑内障、眼精疲労、ドライアイ、アレルギー、眼外傷 等

網膜硝子体診療

糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑疾患、ぶどう膜炎 等

小児眼科

近視、遠視、斜視、弱視視能訓練 等

レーザー治療

加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜裂孔、後発白内障、緑内障 等

眼鏡、コンタクトレンズ処方


セカンドオピニオン

レーザー治療

レーザー光凝固装置

糖尿病網膜症、網膜中心静脈閉塞症、網膜剥離裂孔、加齢黄斑変性症などの疾患に対する網膜光凝固術と閉塞隅角緑内障に対する虹彩光凝固術に使用します。

YAGレーザー装置

白内障手術後に水晶体の袋が濁る後発白内障や緑内障の急性発作の治療に対して使用します。

SLT(選択的レーザー線維柱帯形成)レーザー装置

緑内障に対して線維柱帯の色素細胞を活性化させ房水の流れを良くし、眼圧を下げる隅角光凝固術に使用します。

視野検査

視野検査は見える範囲を調べる検査です。緑内障、視神経疾患、網膜疾患などで生じる視野欠損・狭窄の状態を把握します。また眼の病気の診断だけでなく頭蓋内の病気(脳腫瘍など)を発見することができます。

一般的に、ゴールドマン視野計(GP)と、ハンフリー視野計(HFA)の2種類があります。


ゴールドマン視野計

動的視野検査といい、視野全体の形状を検査し見えない部分を調べます。身体障害者の視覚障害による等級判定にも必要な検査です。

ハンフリー視野計

静的視野検査といい、主に中心部の視覚感度(閾値)を計測し、見づらい箇所を調べます。

斜視・弱視検査

斜視とは両眼の視線が正しく目標に向かない状態です。片方の目は目標を見ていますが、もう片方の目が違う方向を向いてしまい、その位置によって内斜視、外斜視、上斜視、下斜視にわけられます。

弱視とは眼鏡をかけても視力がでない状態です。斜視とは違い保護者の方が注意してもわからないことがほとんどです。特に片目の弱視は良い方の目で普通に見ているため気づかないことが多いです。

視力検査
屈折検査
眼位検査
眼球運動検査
両眼視機能検査
眼底検査

原因は様々ですので上記の検査などを行い、その原因を見つけ訓練や治療を行うことが重要です。放置しておくと視力の発達が止まってしまう可能性がありますので少しでもおかしいと感じたら相談してください。

視能訓練士対応

当院では、国家資格である「視能訓練士(ORT)」の免許を持った検査員が常駐しております。視能訓練士は、見る機能(視能)に障害をもつ人に、機能回復のための視機能検査と視能矯正訓練を行う専門職です。

視機能検査とは、視力、視野、屈折、調節、色覚、光覚、眼圧、眼位、眼球運動、瞳孔、涙液、涙道などの検査の他に、超音波、電気生理学、写真の撮影検査などがあります。斜視や弱視などの視能障害の治療には、長期間にわたる矯正訓練が必要になります。

視能訓練士は、医師が診断・治療を行うための基礎検査を行い、医師と相談のうえで訓練プログラムを作成しますので、視機能回復の矯正訓練・検査も安心してお任せください。

コンタクトレンズ・眼鏡の処方

当院では、コンタクトレンズ・眼鏡の処方に必要な診察や検査、装用練習、使用後の定期検査を行っております。

患者様の主治医という立場から中立的に処方・アドバイスさせていただき、患者様のご希望にそったコンタクトレンズや眼鏡をご購入できるよう努めております。

大木眼科

  • 住所
  • 〒 285-0858
    千葉県 佐倉市 ユーカリが丘4-1 イーストタワー2F

  • 診察時間
  • 【月・火・水・金】
    9:00~12:00
    15:00~18:00

    【木】
    15:00~18:00

    【土】
    9:00~12:00

  • 休診日
  • 木曜午前・土曜午後・日曜・祝日

  • 電話番号
  • 0066-9718-1528