メディモトップ 千葉県 柏市 流山おおたかの森 おおたかの森病院 診療内容

総合内科

総合的な内科の一般診療を行っています。
どこの科にかかって良いかわからない場合や、
風邪やなんとなくお腹が痛い、体の具合が悪いというときに、
最初に相談していただくのが、新患外来です。
あらかじめ問診表に、具体的な症状などをご記入いただき、
それに基づいて、治療法やお薬の処方について患者様に
分かりやすく説明しながら診察しています。
また、継続診療が必要な場合は内科外来の予約を、
他の科の診察が必要と判断されるときには、速やかに
当該科の医師を紹介し、外来予約を取らせていただいて
います。

循環器科

主に心臓病や、全身を巡る血管の病気を診ています。
高血圧や糖尿病、高脂血症など、心臓病になるリスクの大きい方は、定期的に
循環器科の診察と指導を受けることをお勧めします。
ほとんどの方はお薬による治療や、生活指導が中心となりますが、心臓病が
進行している場合には、カテーテルによる血管内検査も行っています。
また、急性心筋梗塞や不安定性狭心症のカテーテル治療(バルーンやステント)
では、常時緊急検査及び治療ができる体制を整えており、年間600例以上の
実績がある、カテーテル専門医の研修関連施設でもあります。
また、迅速な対応が求められる心臓病救急の対応可能な病院として、【柏ハートネット】
の三病院の一つにもなっています。

呼吸器科

呼吸器全般の診療をしています。
咳や痰が続いている、血痰がでた、風邪の症状が取れない、
安静時や運動時に息切れがする、ゼーゼーして息苦しいなどの
症状があるときや、健康診断の胸部レントゲン写真で影がある
と言われたときに、ご相談ください。
正しい知識と治療法を提案させていただきます。

◆感染症疾患
風邪、細菌性・非定型マイコプラズマやレジオネラなど、肺炎、
肺真菌症、肺化膿証、膿胸、肺結核症、非定型抗酸菌症・
MACなど。

◆炎症性疾患(アレルギーやアレルギー以外も含む)
気管支喘息、アトピー咳、好酸球性肺炎、慢性閉塞性肺炎(COPD)、
慢性気管支炎(気管支拡張症)、間質性肺炎、薬剤性肺炎、
膠原病に伴う肺疾患、サルコイドーシス。

◆腫瘍性疾患など
肺がん、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫、珪肺症、石綿肺。

◆気胸
自然気胸、肺気胸や巨大嚢胞に伴う二次性気胸。

◆肺循環疾患
肺血栓塞栓症、肺高血圧症、肺動静脈瘻。

◆換気
原発性肺胞低換気症候群、過換気症候群

などを診療しています。

消化器科

食べた物を分解し、消化・吸収する器官:食道、胃、十二指腸、小腸、大腸を診ています。
お腹が痛い、むかつきがある、胸やけがする、食物がつかえる、食欲がない、
胃もたれがする、血を吐いた、血便や黒い便がでる、便秘または下痢が続く、
お腹が膨れているなどの症状がある方は、消化器内科を受診してください。
必要に応じて腹部上部消化管内視鏡、大腸鏡、腹部CT、腹部超音波、MRI、
血管造影などの検査を行い、精度の高い診断を行っています。
内視鏡検査は専門の医師が担当し、月曜~金曜まで受け付けており、消化器癌などの
早期診断・早期治療に結びつけています。
また、入院患者様については、週に1度のスタッフ全員の合同カンファレンスを行い、
治療方針の見直しを行っています。

外科

外傷の治療のほか、消化器、乳腺、甲状腺、ヘルニア、痔疾患まで、
多様な疾患の治療・手術を担当しています。内科と連携を取りながら、
できるだけ患者様の体に負担の少ない、最適な治療法を選択できる
ようにし、術前術後のケアを十分にできるようにと、ベテランの専門医・
指導医による外科外来を設けています。
特に、お腹を切らない手術:腹腔鏡下による胃がん、大腸がんや、
胸腔鏡下による肺がんなどの悪性腫瘍手術を積極的に行っており、
最新手術法の単孔式腹腔鏡下手術(SILS)もいち早く取り入れて、
胆嚢をはじめ胃や大腸の疾患にも施行実績が多数あります。
24時間体制で、緊急内視鏡や手術に対応できる体制を整えており、
消化管穿孔などの緊急を要する、柏・流山・松戸市共同の救急体制
「GIBネットワーク」にも参加しています。
また、肛門疾患やヘルニアに対しての日帰りまたは短期入院での
手術などを行っております。
近年増加傾向にある様々な癌の患者様や高齢の方の緩和ケアや、
在宅療養等も近隣の訪問看護ステーションなどと連携して積極的に
行っております。

乳腺外科

乳房のさまざまな症状、しこり、痛み、分泌などの診察と治療を行っており、
増加している乳がんの早期発見のために、女性のマンモグラフィ技士による検診や、
エコーによる検査を行っています。乳腺には意外と良性疾患が多いのですが、
もし治療や手術が必要な場合は、専門の医師が治療方法を説明し、化学療法や
必要に応じて手術も実施しています。
乳がんの早期は、外科的な治療が基本ですが、最近では乳房の温存療法が
主流となっています。
また手術後は、患者さんの心のケアと再発防止が大切となります。

肝臓・胆嚢・膵臓専門外来

肝臓、胆嚢、すい臓の病気を診ています。
肝臓で作られた胆汁は、胆道を通って十二指腸に送られますが、
胆道の下部は膵臓の中にあり、途中には胆嚢があります。
それぞれが消化や代謝にたずさわる大事な臓器です。
肝炎や肝臓がん、胆嚢がん、胆管がん、胆石症、肝内結石、
膵がん、急性膵炎、慢性膵炎などの多岐にわたる疾患に対して
診療し、治療を行っています。
必要に応じて、CT、MRI、PETなどの検査を行い、進行度診断を
もとに、治療法の説明を行います。
手術が必要な場合は、お腹を切らない腹腔鏡下手術や、
単孔式腹腔鏡下手術(SILS)が主流ですが、
外科手術も行っています。
特に多いのが、C型ウイルスによるC型肝炎の治療で、
肝臓専門医による
インターフェロンなどを使った化学療法から、肝臓がんの手術や
TAEなどを行っており、他院で治療困難な肝臓がんの手術も、
多数実績があります。

整形外科

骨折、打撲、捻挫、切り傷、擦傷などの外傷への対応は、地域の二次救急病院
としては欠かせないものです。
整形外科では24時間体制で外傷の治療にあたっています。
複雑な骨折については、 三次元CTを用いて最適な手術療法を選択し、診断が困難な
微細な骨折はMRIを用いて迅速かつ正確な診断治療を行います。
傷の治療については最新の創傷治療手技により、痛みのない治りの早い治療を行います。
また、腰痛や頚部痛、膝痛等の慢性疾患でお困りの高齢者の方等に対しても、充実した
リハビリテーション施設を駆使するなど、きめ細やかな医療を提供してまいります。
手術療法が必要な場合は、膝、股関節の人工関節手術なども適宜施行しています。
骨粗しょう症に対しては、骨密度の測定、お薬の治療で転倒による骨折や背骨の変形の
予防を積極的に行っています。
関節リウマチでお困りの方に、最適な薬物治療を提供すると共に、リハビリテーションや
人工関節手術等の手術療法も行います。お薬の副作用のチェック等も詳細に行います。
頻度は少ないものの手足や身体にできる腫瘍について、専門のスタッフが正確な
診断・治療を行います。

小児科

子どものための診療科です。
子どもの病気に対して、内科的なお薬の治療や乳児健診、
病気を予防するための予防接種などを受け付けています。
子どもは、はっきりと症状を説明することができないことが多いため、
お母さんの観察が診察する時のポイントとなります。
これまでの経験を活かして、コンサルテーションしながら診療し、
病気の正しい知識と治療法を説明しています。
主な病気としては、ウイルスや細菌による感染症、肺炎や気管支炎、
クループ症候群、気管支喘息などの呼吸器疾患、湿疹、じんましん、
膿痂疹(とびひ)、アレルギー性皮膚炎などの皮膚疾患などを診ています。

脳神経外科

頭部外傷、脳血管障害、脳腫瘍、脊椎・脊髄疾患や機能性疾患等、
広く脳神経外科一般を診療しています。
詳細な問診を行い、神経学的検査一式を行い、必要に応じて、頭部や頚部の
単純レントゲン検査・CT検査・MR(MRI/MRA)検査・超音波検査・脳血管
撮影検査等を施行させていただきます。
また、コンピューターを駆使して、頭蓋骨、脳、脊椎、脊髄、脳血管や頚動脈等を
3次元的に立体表示したり、VSRADによるアルツハイマー病の早期診断も可能です。
このような診断技術を用い、より精度の高い診断結果を得るとともに、患者様に
分かりやすくご説明いたします。

泌尿器科

腎臓、尿管、膀胱、前立腺、尿道など、尿路全般と
生殖器を中心に、治療を担当しています。
尿が濁ってる、血尿、尿の切れが悪い、夜間に何度も排尿する、
排尿時の痛みがあるとき、排尿時に腰や背中に痛みが
あるとき、健康診断や人間ドックで指摘されたなどのときに
受診をお勧めします。
主に、尿路の腫瘍(がんなど)や感染症、結石、前立腺肥大症や
過活動膀胱の治療を行っています。
近年、泌尿器の分野でも、新しい薬や治療法が、次々と
登場してきています。
安全に留意しながら、新しい治療法も患者様に提供しております。
特に、内視鏡を駆使した検査や治療では、多数の実績があり、
バイポーラ―メスを使った前立腺肥大症治療TUEBや、レーザーを
使った合併症の少ない尿路結石治療f-TULも行っています。

眼科

当科の特徴は、患者さんに親切で丁寧な医療を提供することをモットーに、
日々診療に従事しております。
特にインフォームドコンセントに力を入れており、患者さんにできるだけ
疾患に対して理解してお帰りいただくよう努力しております。

肛門科

肛門の痛みがある、出血がある、肛門からいぼが脱出して
しまうなど、排便について不安があるときにご相談ください。
問診票に、症状の確認、排便のリズムやお腹の調子などの
情報をご記入いただき、これに基づいて、検査や診察を行います。
痔は炎症性の病気ですから、日常生活に注意しながら、
薬剤や注射を使った治療(肛門内部のいぼ痔の治療ALTA療法など)
で手術しないで治すことが基本ですが、外痔核など手術が
必要な場合は、レーザーメスを使った手術やゴム輪結紮手術、
括約筋温存手術等も行っており、日帰り手術や短期入院での
手術も行っています。

皮フ科

皮膚に何かできものができている、またはかゆみがある、
軽度の外傷や湿疹、じんましん、ニキビなどの普通の皮フの
疾患を診察し・治療しています。
美容整形外科のような顔の整形や、しみとり・たるみの解消などの
アンチエイジングケア、脱毛、化粧品の指導、ピアスの穴開けなどは
行っていません。

救急診療科

救急車で搬送される軽症から重症までの患者様を中心に、
他院で治療困難な重症患者様などを24時間受け入れることの
できる体制を整えております。
同時に、急性心筋梗塞など緊急性を要する心臓のカテーテル
検査と治療、消化管穿孔などの緊急内視鏡や緊急手術に
対応できる体制で準備しています。
ほかに人工呼吸管理、血液透析などを含む集中治療が
必要な患者さまも積極的に受け入れております。
また、一般の救急患者様用の窓口として【時間外外来】を
設けており、特定の疾患(産科、歯科など)を除き、
24時間体制で診療しております。

リハビリテーション科

骨折などによる運動能力の回復目的や、手術前後のリハビリテーションを
必要とされる場合に受診していただきます。
医師の処方箋を基に、医師・理学療法士などが、患者様の運動能力に応じて、
リハビリテーション実施計画書を作成し、計画に沿って、安全性を見極めながら、
個人個人に適した運動療法・物理療法を実施していきます。

神経内科

脳、脊髄、神経、筋肉などの病気について診る内科です。
頭痛、めまい、手足のしびれ、手や足がうまく動かない、
力が入らない、ひきつけ、物が二重に見える、物忘れなどの
症状があるとき、ご相談ください。
診察と検査で、それがどのような病気なのかを診断し、
治療しています。
もし手術が必要な場合は、脳神経外科や整形外科の医師を
紹介し、予約をさせていただきます。
特に、頭痛は、いろいろな原因から生じる、多分野にわたる
病気ですが、他にも上記のような症状で、どの科に受診して
良いか迷うときは、まずは受診してみてください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来

高血圧・心筋梗塞や脳卒中などの虚血性心疾患・脳血管障害等の生活習慣病を
引き起こす睡眠時無呼吸症候群(SAS)に対して検査・治療を行っております。
在宅にて検査可能な簡易型アプノモニターや一泊入院によるポリソムノグラフィー(PSG)
検査を行い、 必要な患者さまにはCPAP療法(経鼻的持続陽圧呼吸療法)等の
治療を行っております。

■在宅酸素療法について 慢性呼吸不全等による低酸素血症に対し、
 在宅酸素療法導入も行っております。
 酸素濃縮機と小型酸素ボンベ等により入院しないで、よりよいQOLを
 得られるよう治療していきます。
■人工呼吸療法(NPPV療法)の治療について 低酸素血症に加え
 高炭酸ガス血症を伴う呼吸不全に対して気管切開を行わず、 マスクを
 介して行う人工呼吸療法(NIPPV療法)の治療を入院のみでなく、
 在宅でも行っています。

糖尿病・腎臓内科

糖尿病は様々な合併症を引き起こしますが、
中でも神経症、網膜症、腎症は3大合併症といわれています。
糖尿病を放置すればするほど、これらの合併症を発症する
頻度が高くなってしまいます。
特に人工透析を必要とする腎不全患者さんの約4割は、
糖尿病が原因です。早期発見・早期治療が重要です。
糖尿病・腎臓外来では、適切な血糖のコントロールはもとより、
合併症の有無にも十分配慮し、患者さん個人個人に応じた、
適切な治療を心がけております。
また栄養課や、薬剤部とも連携して、食事指導や服薬指導を行い、
生活習慣の改善をサポートしています。

おおたかの森病院

  • 住所
  • 〒 277-0863
    千葉県 柏市 豊四季113

  • 診察時間
  • 【外来受付時間】
    ◆午前
    月~土曜日  8:30~11:50 (診療開始  9:00~)
    ◆午後
    月~金曜日 13:00~16:50 (診療開始 14:00~)

    ※ 時間外でも救急は24時間体制で受付ますので、お電話にてお問い合わせ下さい

  • 休診日
  • 土曜日午後・日曜日・国民の祝日

  • 電話番号
  • 04-7141-1117