メディモトップ 神奈川県 横浜市青葉区 たまプラーザ あらい歯科クリニック 診療内容

虫歯・歯周病などの一般治療

当院では、光重合型コンポジットレジンと呼ばれる
プラスチックの樹脂を活用した虫歯の治療を主に行っています。
特徴としては歯質を可能な限り少ない切削量で
さらに歯と同色の素材を詰めることができるため
最小限の侵襲で審美的に改善できる治療法です。
前歯に限らず奥歯でも用いることができ、
もちろん保険診療で行なうことが可能です。
(但し、虫歯が大きく進行していたり、
あるいは過去に入れた金属の詰め物・被せ物などを
取り替える場合は適さない場合があります)
また、歯周病の治療は歯科衛生士と共同して、
病気の原因となるプラーク・歯石の除去を徹底して行なうこと並びに、
病気の進行要因となる咬合力の過負担を取り除くことを基本的な考えで行なっております。
なお、炭酸ガス、レーザー、高周波機器などを活用して治療の成果を高められるようにしております。

他に、歯の神経を取り除くあるいは
歯根の先端に出来る根尖病巣とよばれる病気の治療に特に力を入れて行っております。
(この治療は後に歯の寿命に大きく左右してくるため特に大事な治療となります。)

小児歯科

小さなお子様には、歯医者を怖がる子も多いかと思われます。
当院では、歯科治療がはじめてのお子様には治療に入る前の
トレーニングとして顎模型を用い、「こんな風に治療するよ!」と
実際に行う治療の内容を見てもらい治療に対する不安感を
極力取り除くように努めております。
乳歯は虫歯になると進行が早く、痛みや負担も大きくなって
行きますので、早期の治療をおすすめいたします。
また、予防の為に歯ブラシの指導や生活習慣のアドバイス、
フッ素塗布なども行なっております。

審美歯科

当院では、歴史が長く信頼性の高いメンタルボンディングクラウン(金属焼付セラミック冠)を中心に保険治療では満たすことのできない審美的な治療を提供しております。
また、近年普及してきているオールセラミック
あるいはジルコニアを活用した詰め物・被せ物なども
積極的に臨床に取り入れております。
なお、ホワイトニングによる歯の色調の改善なども行っております。

入れ歯の治療

入れ歯治療で最も重要なことは
かみ合わせのバランスを整えてあげることだと日々の治療で考えております。
痛くてかめない、入れ歯が外れるなどの不快な症状の原因が、
かみ合わせの狂いから生じている状況を日常の臨床で多くの方に見かけます。
当院では補綴専門医が行う難しい咬合理論を追求した技術で治療を行うのではなく、
如何に皆様が入れ歯を受け入れることができるかを一番に考え、
「ほどよいかみ合わせの位置」を導くように入れ歯の治療をおこなっております。
また、磁石を維持装置に用いた入れ歯、金具を使用せず審美的に使うことができる
ナイロン樹脂を活用した入れ歯なども取り入れております。
特にナイロン樹脂の入れ歯は多くの方に好評いただいております。

よくある質問

患者様からよくある質問をおまとめ致しました。

Q 歯の色が黄ばんでいるのが気になるのですが?

A 歯の色を気にされる方は結構多く見かけます。
原因としては、単純に汚れ(歯垢、歯石、茶渋、ヤニなど)が
歯の表面に沈着している場合があります。
これらに関しては歯のクリーニングを行なってあげると解決出来ます。
その他の原因としてはもともとその方自身の歯の色調が濃い色だったり、
加齢に伴いエナメル質が磨耗して薄くなったため象牙質の色調が目立つようになり、
結果として黄ばんで見える場合があります。
この場合はホワイトニングといって薬剤を使用して
歯を漂白してあげると白く改善させることが出来ます。
気になる方はご相談下さい。

Q 歯がよくしみるのですが虫歯ですか?

A 虫歯の場合が多いです。
過去に治療を受けている歯でも新しい場所に虫歯ができていたり、
詰めたり被せたりしてある場所に隙間ができて二次的に虫歯になっている場合があります。

次に多いのは知覚過敏症と呼ばれるものです。
これは、虫歯とは関係なく歯の神経が刺激に対して過敏に反応してしまい起こる症状です。
疲れているとき、体調がなんとなく悪いときなど
一時的に何日間か「ズンズン」と痛む場合がありいつの間にか治ってしまうタイプや、
かみ締めや歯ぎしりなど自覚が無く無意識に行なってしまう癖により歯茎が下がってしまい、
それによって刺激を受けやすくなり、歯が欠けてしまいしみ易くなるタイプの場合もあります。
気になるときは原因がどこから来ているか調べてもらうことをお勧めします。

Q 乳歯の場合でも治療したほうがいいですか?

A もちろんです(笑)
乳歯の場合いずれ生え変わるから治療が必要ないと思われている方に、たまに遭遇します。
乳歯の役割は物を噛み潰す以外にも重要な役割があり、
将来生えてくる永久歯が萌出するスペースを確保しておく役目もあります。
虫歯で穴が開いたまま放置して隙間ができると、
歯はその隙間を埋めようとして動く習慣があるため、
歯列がずれてしまい永久歯が萌出するスペースが減ってしまい、
それが原因で永久歯が歯列不正になってしまう場合が多くあります。
何より子供たちが痛がりますよね(笑)

Q 保険が利かない歯の場合どうして費用が高額になるのですか?

A 費用に関しては保険診療の場合と自費診療の場合とでは正直なところ、
費用の桁が違ってくることがほとんどだと皆さんが感じていられると思います。
保険診療は国が定めた治療のルールと値段の設定があり、
それに従って行なう決まりごとがあり、
料金を高くすることも逆に値引きすることも許されないことになっています。
自費診療はその医院ごとに独自の費用の設定が許されています。
保険が利かない歯の費用が高額な理由は一言でいえばすべて「完全オーダーメイド」だからです。
大量生産の既製品を使うことが出来ないため、
それに伴う技術が必要になるためです。(もちろん使う素材も高価なものを用いていますが)
日常の洋服や靴あるいは家なども完全オーダーメイドで作るとしたら、
かなりの費用がかかると思います。それと同じことです。
本来、保険診療も完全オーダーメイドなので高額な費用になってもおかしくないのですが、
先に述べたように、国で定めたルールによって費用が抑えられているために、
費用の差を大きく感じることになっていると思います。

Q セラミックなどを入れた場合どのくらい長持ちしますか?

A 正直なところその方々のお口の中の環境によりかなり左右されるものなので
「何年持ちます。」と断言は出来ません。
また、人によっては一生持つと思われている方もいらっしゃいますが、
残念ながらそこまでの大きな期待は持てません。
高価な車、家、マンション、電化製品などもある程度の年数が経過すると
修繕あるいは買い替えが必要になるのと
同様にお口の中にセットされた作り物の歯もまったく変わりはありません。
しかしながら20~30年に入れてもらったものが
当時の状況とほとんど劣化せず残っている人も多く見受けられます。
日常的に遭遇する状況で多いのは作り物の歯は問題ないのですが周りの状況が変化してしまい
それによって交換が必要になっているケースが多いのかなと思います。

Q 口臭がきになるのですが?

A 口臭の原因の8割はお口の中に問題があって起こるものだと言われています。
お手入れが悪く汚れがたくさん歯に付着していると細菌が住み着き、
細菌の撒き散らす毒素より臭いが生じることがあります。
また、虫歯を放置したまま大きな穴があったりすると、
そこにいつも食べかすが詰まりそこから臭いが生じる場合があります。
さらに歯周病が悪化している場合も歯茎の周りより、
膿が出てきてそこから臭うこともよくあります。
(生ごみのようなくさい臭いがしている方を日常の診療で多くみかけます)

鼻でうまく呼吸できずいわゆる「口呼吸」をする方も、
お口の中が乾燥するため口臭が生じやすくなります。
他にも生理的なもの、内臓疾患より起こるもの、
心因的なものなど原因になっている場合もあります。
いずれにしても気になるときは検診されることをお勧めします。

あらい歯科クリニック

  • 住所
  • 〒 225-0002
    神奈川県 横浜市青葉区 美しが丘5-28-11

  • 診察時間
  • 月・火・水・金・土
    《午前》9:30~13:00
    《午後》14:30~19:00(土曜日のみ18:00まで)

  • 休診日
  • 木・日曜日・祝日

  • 電話番号
  • 0066-9718-1857